近頃、ドライアイは眼精疲労の要因

公開日: 

近頃、ドライアイは眼精疲労の要因として注目を浴びています。

コンタクトを長時間使用することによって引き起こされる習慣化した酸素不足、不適当なケア、涙が少ししか出ないなどの事態が続くと、眼精疲労の要因に眼精疲労などへなってしまうのです。目の疲れを放置すると、少しずつ進行します。まずはじめに、ちょっと目が疲れる程度の症状がでます。
この状態が疲れた目の初期症状で、目の休息、たくさん寝ることで回復します。
しかし、放っておくと、目の負荷が消滅しません。コンタクトは遠くを見るために視力を定めています。近いところを長く見つめると目の筋肉にストレスがかかり、眼精疲労になる確率があります。
調子がよくても、3~6ヶ月に一回は横着せずに忘れず検診を受けましょう。それが改善の早道です。目の健康にブルーベリーが効くことはよく知られています。
ブルーベリーの成分であるアントシアニンには、網膜の機能を強化させる機能があるといわれているからです。ブルーベリーは鮮明な青紫の色ですが、その色はアントシアニンの色です。
さらに、ポリフェノールの一種で抗酸化作用を持っているため、目と身体の疲労回復にも効果的です。
ルテインは緑黄色野菜にたくさん含まれ、青汁の材料のケール、ほうれん草などにたくさん含まれています。
近年の研究では、ルテインの興味深い情報があります。
ルテインを摂取している人は黄斑変性症の症状が出る人がルテインを摂取していない人と比較して、半分の人しかならなかったそうです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑